konishidental

災害対策

災害時の歯科医療

停電時は診察台が使えません。

なぜなら電動式診察台が動かないからです。

image

タカラベルモント社製の手動式チェアーは電気なしで背もたれを水平まで倒せます。

ヘッドレストも手動で上下に動きます。

油圧式で高さも調節できます。

しっかりした構造でとても安全です。

大人の男性が乗ってもびくともしません。

image

災害時でも口腔ケアーは大切です。

口の奥の方の口腔ケアーは座って背もたれを倒すととてもよく見えて、治療しやすくなります。

当院における災害対策と節電対策(フィルム)

当院は大きな窓のある東側と南側が、駐車場と公園に面しているため、部屋の中が非常に明るくなっています。

CIMG4096

窓にフィルムを貼りました。

CIMG4113

CIMG4109

このフィルムはガラスが割れた際の飛散防止効果があり地震や台風の災害対策になります。

CIMG4110

また熱線遮蔽とUVカット効果もあり、日照調整機能も備え、節電対策になります。

CIMG4104

さらに防虫忌避効果まであります。

CIMG4132

フィルムは少し色がついていますが貼ってしまえば全くわかりません。

当院における災害時の避難誘導

CIMG4121

当院では、緊急の停電時も天井付の誘導灯が点灯します。

しかし一刻を争う時には上は見ずに下を見ています。

足元が見えづらいため危険だからです。

足元が暗いと逃げるのに時間がかかります。

CIMG4119

当院では床にも誘導灯を設置しました。

CIMG4120

通常の灯りを消した状態です。

写真以上に明るくて、当院の床面積では十分な明るさで点灯します。

逃げる方向を間違えないように配慮をしています。

足元を明るくすることで転倒予防や散乱物によるケガを予防します。

災害時における院内感染予防 (スリッパ)

 

当院では防災スリッパを採用しています。

災害時、医療器具など鋭利なものが散乱している場所でも安心な鋼板入りです。

避難時ケガをしにくく、感染予防にもなります。

CIMG3479

 

CIMG3476

普通のスリッパ感覚ではける軽量タイプ(片足約100g)です。

緊急時そのまま外部へ出ても安全です。

津波災害時、当院から一番近い高台は前方のイズミヤの最上階です。

避難生活時の感染症対策

 

 

CIMG3436

非常用持出袋は、玄関などに置いておくといざという時に便利です。

歯ブラシセット、入れ歯洗浄剤なども入れておいて下さい。

口腔内が不潔になると誤嚥性肺炎や色々な病気にかかりやすいといわれています。

CIMG3433

これは、歯みがきティシュです。

コットンのメッシュシートで、直接歯を拭いて歯垢を除去します。指に巻きつけるなどして使用すると、便利です。

避難所などで水が使えない時、歯ブラシでは誤嚥しやすい方にも大変重宝します。

▲ページトップに戻る